今の時代はくせ毛でも苦しまずに生きていける

小さなころからずーっとくせ毛に悩んできました。

思うようにまとまらないし爆発するし、ボリュームで頭が大きく見えるしで、とにかくいいことなしでした。

思春期のころを迎えると、毎朝髪の毛と格闘してなんとかヘアスタイルを整えて学校へ行っていたものです。

一時はあまりにも爆発するのでヘアスプレーなどで固めすぎて、男子から「おまえの髪の毛、全然動かないな…」なんて微妙な表情で指摘されたこともありました。

高校に入るとアルバイトを始めてお金にも余裕が出来たため、長年の憧れだったストレートパーマをかけることにしたんです。

美容院で何時間も座ったままで腰痛になるほどでしたが、仕上がりは大満足!
生まれて初めてのツルツルサラサラの手触りに、感激してしまいました。

翌日、翌々日くらいまでは良かったんです。
ところが三日も経つと、髪の毛が再びウネウネと戻り始めているではありませんか!
私のくせ毛は強力すぎて、普通のストレートパーマ程度では歯が立たなかったようです。

そこで、お小遣いをはたいて縮毛矯正にチャレンジすることにしたんです。
当時最新の縮毛矯正は、三万円ほどしたと思います。
いくらアルバイトはしていると言っても、高校生にはかなりの痛い出費です。

けれどサラサラストレートヘアには変えられないと、思い切って美容院の扉を叩きました。

またもや数時間座ったままの体勢で、疲れるし引っ張られて頭皮は痛いし、とても気持ちの良いものではありませんでした。

そして仕上がった髪の毛は、不自然なほどの真っ直ぐストレート。
もちろんストレートヘアに憧れて縮毛矯正したわけですが、ストレートパーマの仕上がりと違って不自然さばかりが目につきましたね。

ただこれは相当昔の話なので、今最新の縮毛矯正ならば、技術も進んで不自然さもないのかもしれませんけどね。

くせ毛だってシャンプーをしっかりとすれば困ることはありませんし、美容師さんにアレンジをしてもらうこともできます。

当サイト、くせ毛シャンプーおすすめランキング|現役美容師が選ぶくせ毛シャンプーでもその魅力については解説をしています。

結果的に言えば、縮毛矯正しないでくせ毛のままのほうがまだ良かった、と思えるほどの不満足な仕上がりでした。
しかも、髪の毛がかなり傷んでしまったのが一番ショックでしたね。

あれ以来ストレートパーマも縮毛矯正もす?ことはなく、自然なくせ毛の状態で過ごしています。

爆発やボリュームはどうしているのかというと、ロングにしてまとめ髪をすることで解決しています。

昔と違って、ナチュラルなくせ毛風アップスタイルが流行っていたりしますよね。
ピシッと決めなくても、ルーズな感じでくせ毛がより魅力的に見えるので気に入っています。

ストレート命だったころと比べたら、いい時代になったな~と感慨深いですね。