くせ毛を目立たなくさせる髪型と目立つ髪型

私の両親は二人ともかなり酷いくせ毛で、私も小さい頃からそうです。思春期以降、とくに酷くなった気がします。小さい頃はそこまでくせ毛のことを気にするほど頭が回らなかったのですが、10代半ば以降はかなり気にするようになりました。縮毛矯正をかけたこともあるのですが、今はそれに頼らずになんとかやっています。縮毛矯正は効果的で良いのですが、費用がそれなりにかかる上、かけた後が面倒だと感じます。2日間ぐらいは髪を洗ったり結んだりしない方が良いみたいなので…
小さい頃、親が短い髪が好きだったせいか、ショートカットが多かったみたいです。そのときの写真を見ると腹が立つぐらい髪が乱れていてうねっています。そういう子どもはたくさんいるかもしれませんが…比較的くせ毛が目立っていなかったのは小学校低学年のときでした。その頃は日本人形のように髪は全部同じ長さに切ってあり、重い感じではありながらも比較的落ち着いた真っすぐな髪に見えました。しばらく長い髪だった私はレイヤーを入れたりしましたが、相変わらず毛先がうねることが多かったです。高校のときに久しぶりにショートカットに挑戦してみたときはかなり悲惨でした。髪が短い分、寝た後に癖がついてしまったらいくら水をかけて梳かしてみてもましになるどころか一層酷くなるばかりでした。それだけで学校に行くのが嫌になることが多々ありました。美容院で髪を切ってもらったときには綺麗にドライヤーで真っすぐに乾かしてもらうのでうねりはないのですが、自分でそのうねりなしのスタイルを保つのは至難の技です。
くせ毛を一番目立たなくするためには結んでしまうことです。ポニーテールにしたり三つ編みにしたりが効果的です。

最近の私は、髪の毛は長く伸ばし、小学校低学年のときと同じようにレイヤーを入れず、あの重いワンレンスタイルです。ほぼ毎日ポニーテールにしています。ハーフアップにするときもあります。前髪に関しては、以前美容師さんに教えてもらった方法で乾かしています。前髪の一番上の方からドライヤーをかけて行くのですが、左右にドライヤーを揺らしながら乾かします。そして櫛をおでこ側から入れ、前髪を上から下に向かってドライヤーをかけながら乾かして行くのです。

シャンプーで髪を洗った後にはいつもこの方法で乾かしていますし、髪を洗う前でもどこかに出かける予定の場合は出かける直前に少し前髪を濡らして前髪だけドライヤーをかけるときもあります。これでなんとか縮毛矯正に頼らずに済んでいます。くせ毛シャンプーは絶対に使用してください。
髪が真っすぐ過ぎてつまらない、癖をつけたい、と思っている人もいるかもしれませんが、私はそういう真っすぐ過ぎるほど真っすぐな髪の人が羨ましいです。