髪の毛を染めればくせ毛シャンプーを使わなくても良いの?

私は実は生まれてから一度しか髪を染めた経験がありません。もう5年以上も前のことになりますが、明るめの茶色の色に染めました。リタッチは2回ぐらいした後、もう染めるのはやめましたが…今の私には髪のカラーにはあまり興味はなく、とにかくくせ毛をいかに目立たなくするかを色々考えながら髪型を工夫しているつもりではいます。

あまり髪の量を減らして軽くしすぎないことが一つのポイントです。縮毛矯正は継続してかけつづけなくてはならないので、
もっと他の方法でくせ毛とおさらばする方法はないか、常に色々考えています。
さっき、髪を染めていたときの自分の写真を見ていて気付いたことがあるのです。小さい頃から今になるまでくせ毛が強かった私ですが、よく見てみれば髪を染めていたときの私の髪の毛は、くせ毛がましになっていたと今更思いました。前髪のうねりがトレードマークと言える私ですが、そのときだけは真っすぐ下りていたような…もしかして髪を染めたらくせ毛がましになるという現象があるのかもしれない、と思い、ネットでそのことを軽く検索してみました。

確か、髪を染めてからパーマをかけたりするとパーマ液が入りやすくなるというメリットがある、と以前聞いたことがあったので、関係なくはないかもと思っていました。
検索して発見したのですが、やはり少しは関係あるようです。私と同じ疑問を持った人がネットの雑談版で「髪を染めたらくせ毛がましになった気がするのは気のせいですか?」と質問していた人がいましたが、答えていた人の一人の話によると、髪を染めるための薬剤はパーマをかけるときの薬剤と共通している成分があるみたいです。髪を染めるときもカラーリングをするときも、同じような化学反応でそれらを実施しているので、カラーをした際に薬剤で髪がコーティングされる際、髪は真っすぐ下りる形になるみたいです。確かに納得いきますね。髪を染めた際には髪がコーティングされ、髪の質が分厚くなった気がしますよね。その重みで真っすぐになるということも多少あるのでしょうけど、成分的にも関係あったのですね。くせ毛シャンプー公式サイトではくせ毛に関する情報やシャンプーについても随時解説をしていきます。

そろそろ久しぶりにくせ毛とおさらばするために縮毛矯正をかけてみようと少し考えていたところなのですが、たまには気分転換のためにカラーをもう一度してみたいとも思っていたところなので、実験もかねてカラーをしてみてどれぐらいくせ毛がましになるのかやってみようと思います。今から美容院に電話して来週の予約を思いっきりとってみます。