くせ毛を治すのには時間がかかる!シャンプー以外の改善策

遺伝的なくせ毛で、家族が皆くせ毛です。
その為、自然にストレートになる事はありません。
父も母もくせ毛で、母は女性なのでおデコを出すスタイルにして後ろで結んでしまうので良いですが、男の私はそうはいきません。
またおデコを完全に出すスタイルには抵抗があるので、真似はできません。

くせ毛対策として私は、かつて市販のくせ毛直しのスプレーのみを使っていましたが、ほぼ効果はありません。
殆どその場しのぎにすぎず、数時間すればすぐにウネウネです。
夏なんかは本当に酷く、もはやセットしてもダメです。

ちなみに20代前半では、美容院に行って定期的に縮毛矯正をしたりもしましたが、やらないよりは良いものの、値段がかかるわりにはイマイチ効果は今ひとつですし、髪も痛みやすくなるので今ではすっかりご無沙汰です。

今現在、自分で行う対策としては、ストレートアイロンを使っています。
また髪も少々長めです。

シャンプーもくせ毛専用の良いシャンプーを使うのは基本中の基本です。
短いとウネリが酷く、もはやセットできないからです。
しかし熱を与えることは、これまた髪が痛みやすくパサパサになりがちです。
ただそうはいっても、普段はこれでくせ毛を直さざるを得ません。
ちなみに、2~3千円のストレートアイロンの大きめの物を使っています。
小さいものだとあまり効果が持続せず、また温度も高く設定できないからです。
だからと言って高温でのアイロンは火傷の危険もありますし、髪にも良くないので難しいところです。

結局これだけの対策をしても、くせ毛はあまり直らないので、むしろあえて無造作ヘア等にしています。
ギャッツビーのヘアジャム等を使って、ふんわりさせています。
ただ付けすぎると、オシャレなんかとはもう無縁なオジサンには「頭ボサボサだよ?」と言われる始末です…。
「こういう髪型にしてるんです」とはっきり言う時もあります。

でも、くせ毛を利用した髪型にしてしまう方がよっぽど楽かもしれません。
元々何もつけていなかった中学時代には、ちょっと髪が長いと「ウェーブかけてるんですか?」と言われていたくらいなので、むしろその方向でも良いかもしれません。
ただ中々純粋な自然体では、オシャレな髪型にはならないので、何もしないというわけにはいきません。

また注意しているのは、ヘアジャムやスプレーを付けすぎないことです。
ヘアジャムの場合は付けすぎてもまだ何とかなりますが、スプレーで固めると洗うのに苦労します。
クシを通しにくいですし、無理に通すと髪が抜けるので本当に注意が必要です。
しかもちゃんと髪を洗わないとスプレーが残って、髪型をセットするのも大変なのです。

このように色々対策はしていますが、当分この悩みは生きている限り続きそうです。