ちょっとした工夫でくせ毛は治る!?

くせ毛は遺伝と思っている方も多いと思いますが、ストレートだったのに、急にくせ毛になったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ホルモンバランスの変化、食生活、年齢によって、徐々にくせ毛になることがあります。
日本人のくせ毛は、主に波状毛というタイプに分類されます。名前の通り、ウェーブがかっている状態を指します。他にもコイル状に捻れ髪がごわごわしている捻転毛、黒人に多いタイプの縮毛、髪が非常に切れやすいタイプの連球毛があります。

くせ毛を直したいという気持ちが少しでもある方は、ぜひこれを試してみてはいかがでしょうか。どれもお金もかからず、簡単なことばかりです。
急にくせ毛になった方は、不規則な生活をしていませんか?生活習慣の乱れも、くせ毛の原因をなります。栄養不足や睡眠不足は血行不良に繋がり、血行不良は健康な髪が生えてくるサイクルを乱します。また、皮脂が詰まる原因にもなりかねません。食生活の見直しや、禁煙などをぜひ実践してみてください。
髪が細くなり千切れやすくなった方は、過激なダイエットをしませんでしたか?過激なダイエットは、頭皮にまで栄養が回らなくなり、髪の質が悪くなります。ダイエットで髪がやせ細り、リバウンドで髪が元の太さに戻ります。これを繰り返すことにより、千切れやすい髪になってしまうのです。過激なダイエットもやめましょう。
適当に髪を洗っている人はいませんか?皮脂や老廃物が詰まって、髪が圧迫されくせ毛になる場合もあります。では、正しい髪の洗い方を紹介します。
まず、最初に2分くらいかけて、お湯で汚れを落としてください。この予備洗いで70%の汚れが落ちるといわれています。次に、シャンプーを泡立て髪になじませます。キューティクルを守るためにも、上を向いて洗うようにしてください。下向きの姿勢はキューティクルを痛めてします。次に、しっかり泡立ってきたら、指の腹で頭皮を洗います。爪を立てないように気をつけてください。髪自体をごしごし洗う必要はありません。そして、洗い流しはしっかり行ってください。リンスやトリートメントに関しては、頭皮に何かしらの効果があるもの以外は、「髪だけ」につけるようにしてください。頭皮につけると、頭皮詰まりやフケの原因になります。
そして、シャンプー後のケアも大切です。まず、優しく包み込むようにタオルドライをします。半乾きになるくらいしっかり水分を落としてください。タオルドライの髪に、オイルや洗い流さないトリートメントをなじませます。この際にも、頭皮にはつけないよう気をつけてください。

くせ毛シャンプーの口コミを確認したうえで上手く使用することをおすすめします。
ドライヤーは一箇所に当てすぎると、癖になってしまったり、焼けてしまうと直らない癖になってしまいます。15㎝から20㎝は髪から離し、根元から乾かしてください。最後に冷風で開いたキューティクルを閉じてあげましょう。

ちょっとした工夫や、改善で気になるくせ毛を改善しましょう。